大阪府大東市I様邸 屋根リフォーム 金属カバー工法

工事情報

【施工地域】大阪府大東市
【築年数】25年以上
【施工箇所】屋根
【使用材料】ガルバリウム鋼版(SGL鋼板)
【施工方法】カバー工法
【施工期間】約1週間

大阪府大東市Ⅰ様邸の屋根修理のご依頼を受けました。

コストと効果の両方を考慮し、化粧スレートに金属屋根のよこ葺き材をカバー施工いたしました。

➡カバー工法とは、既存の屋根を完全に撤去することなく、新しい素材を既存の屋根の上に重ねて設置するリフォーム方法です。

築20~30年の化粧スレート屋根はメンテナンス時期に入っており、下葺材と貫板が劣化している状態です。

経年劣化した貫板↓

今回、取り付けした新しい貫板は樹脂製のタフモックという製品を使用しています。↓

貫板が樹脂製だと腐りにくく、棟鈑金がしっかりと固定された状態が続くので、台風などで屋根が飛ばされる心配がほとんどありません。

下葺材ルーフィング施工について

既存の屋根のうえにルーフィングを張るので粘着性の”タディスセルフ”という製品を使用しています。

本製品は改修などに最適で、改質アスファルトなので品質の耐久性能も期待できます。

施工中

完成

換気棟取付

工事保証工事完了後、当社は『雨漏り10年保証』を提供しております。これは、万が一施工不良が原因で雨漏りが発生した場合には、保証期間内であれば対応を保証するというものです。この保証は、施工の品質を自信を持ってお約束するものであり、万が一の時には迅速かつ適切に対応することで、お客様の不安を解消させていただきます。
お客様からの感想丁寧に工事をしていただきました。ありがとうございました。
匠ひおき

I様、この度は屋根修理の匠ひおきにご依頼いただきありがとうございました。このガルバリウム鋼版は耐久性にも優れているのでとても人気の材質です。この度はありがとうございました。

最新の施工事例

屋根修理見積もりシミュレーター

雨漏り10年保証

最近の施工事例

  1. 雨漏り修理 板金カバー補修 三重県伊賀市H様邸

  2. 大阪府大東市I様邸 屋根リフォーム 金属カバー工法

  3. 奈良県橿原市 新築住宅 次世代型ガルバリウム鋼板 屋根工事 

オススメのお役立ち情報

  1. 屋根・外壁に使われるガルバリウム鋼板のメリット・デメリット

  2. 「屋根下地材の重要性と基本用語を徹底解説~垂木・野地板・ルーフィングとは~」

  3. リフォーム会社と屋根専門の修理会社の違いとは?

  4. 金属屋根のメリット・デメリットとは?

  5. 屋根の縦葺きと横葺きの違いとは?

人気のコラム記事

  1. 1

    屋根の工事トラブル事例

  2. 2

    屋根修理の飛び込み営業に潜む危険性とその対処法を解説

  3. 3

    金属屋根のメリット・デメリットとは?

最新コラム記事

  1. 屋根リフォーム工事と外壁塗装を同時に行うメリット

  2. 屋根・外壁に使われるガルバリウム鋼板のメリット・デメリット

  3. 雨漏りを防ぐベランダと屋上の防水対策と費用の解説

職人コラム|カテゴリー